Challenge drive.net 車の試乗記
Challengedrive.net  車の試乗記
すべての試乗記BMWの試乗記

BMW M4クーペ(DCT/F82)

Challengedrive.netではBMWの試乗記を掲載していますが、ほとんどがダウンサイジングされたものばかりです。BMWなんだから直列6 気筒の試乗記も掲載するべきだ!という声をいただき、新しい世代の直列6気筒(シルキー6)の試乗記をお伝えします。

それが最強の直6エンジンを搭載したBMW M4で す。

CBA-3C30

BMW M4クーペ F82
BMW M4はBMWが販売するDセグメント クーペに位置する4シリーズ(F32)をベースとし、M社(モータースポーツ車)が設計を施したBMWハイパフォーマンスカーの1台です。

BMW M4はBMW M3クーペの後継モデルとして2014年に発売されました。現行M3(F80)はセダンの専売車となっています。


試乗車概要

BMW M4 Coupe(DCT)


BMW M4はM社が専用設計している車両であり、例えば440i Mスポーツなどとは、全く別の車になります。

日本仕様ではM DCT Drivelogic(2ペダル/右ハンドルのみ設定)と6MT(3ペダル/左右ハンドル)を選択することが可能です。

また、先代M3がV8-4.0Lであったのに対し、このM3/M4にもダウンサイジングターボの波にのまれ、直列6気筒-3.0Lエンジンとなりました。

正式グレードと概要

BMW F82 M4 3.0 M DCT Drivelogic

排気量
3,000㏄
最高出力/トルク 431ps/56.1kgm
走行距離 800km
今回の平均燃費
9.0km/L
車両本体価格 約1,100万 円ほ ど
試乗日の路面状態 ドライ/ウェッ ト


BMW M3/M4の特徴として、期間限定装備を除き、モノグレードとなっています。そのため、M4での選択肢においては、MTかDCT(Dual Clutch Trancemission=AT限定免許でも運転 可)のみ選択可能であり、それ以外は数少ないオプションを選択する形になっています。

BMW M3/M4の主なオプション

・カーボンセラミックブレーキ(100万円)
・19インチ アルミホイール (30万円)
・アダプティブMサスペンション(30万円)
・コンペティション・パッケージ


などとなっており、あまり装備出来るオプションも少なく、3シリーズや4シリーズの最高峰だということが感じられます。


<PR>
Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】


BMW M4クーペ 外観

Challenge drive.netでは、初めてお伝えするであろうクーペです。やはり、この美しいフォルムは圧巻です。

普通の4シリーズとはサイズが異なる

BMW M4クーペ フロント

さすが、M社専用設計のボディというだけのことがあり、普通の4シリーズと比較をしても明らかに横幅が大きなことが分かります。

横幅よりも、4シリーズはBMWが重要視するクルマだけあり、前から見てもその美しさを感じることが出来ます。





横から見ても芸術的なフォルム

BMW M4クーペ 横から撮影
BMW M4は横から見ても美しく感じられます。



インパクトの大きい19インチアルミ

19インチアルミ

スタッドレタイヤを装着するわけでも無ければ、ぜひ装備したいのが19インチのアルミです。オプションで30万円ほど掛かるものの、車の美しさが さらに際立ちます。

また、この車両には切光光輝の加工が施されているようで、ボディの黒とホイールの黒でイカツイようにも見えます。





屋根はカーボン製

カーボンルーフ BMW M
屋根はカーボンルーフになっています。(サンルーフ装備車を除く)

軽い素材であるカーボンを屋根に設置することで、車の低重心化を図ることが出来、コーナリング性能がより一層安定するそうです。したがって、BMW M4に サンルーフを装着すると重たくなるため、性能をかなり重視する場合には装備しない方が良いオプションであると言えます。




BMW4シリーズとBMW M4の見分け方(外観)

普通のBMW4 シリーズとM4の外観上の見分け方を別ページにて紹介しています。



BMW M4クーペ インテリア

BMW M4 インテリア
続きましては、M4クーペのインテリアの紹介です。スポーティに特化したBMW Mではあるものの、インテリアはスポーティでありながら、高級な素材を使っています。

普通の4シリーズよりも快適なMシー ト

BMW M4クーペ フロントシート
Mシートは硬めです。(パワーシート装備車)

しかし、ものすごく体にフィットし、硬いシートシートでありながら、メルセデス・ベンツSクラスやBMW7シリーズ コンフォートパッケージと比較をしても素晴らしいシートです。腰痛持ちの私が長時間運転しても本当に快適です。

ベンチレーション機能が装備されていないのは残念ですが、この素晴らしいシートだけでも購入動機に繋がります。




インテリアパネルもカーボン

BMW M4 インテリアパネル
軽量化と言うよりはデザイン性でしょうか。屋根と同じものです。

カーボンインテリアパネルはオプション扱いになっているそうですが、大半の方はこの装備を注文するとの事です。BMW M4の中古車を検索しましたが、インテリアを確認すると、ほぼカーボンパネルが装備されているようです。




エアコン設定やオーディオは通常の3 シリーズや4シリーズと同様

BMW M4クーペ フルオートエアコン他
この辺りの装備は同じになります。

スポーツ設定
ただし、i-Driveの中身がM3やM4で異なります。主にスポーツ設定で異なるようです。

M Drive2を上記のように設定しておくと、
ステアリングスイッチ
ステアリングスイッチ M2を押すと瞬時に設定した走行モードに切り替えることが可能です。



また、オーディオに関しても通常の4シリーズよりも多い数のスピーカーを装備しており(標準)、音質も良いものになっています。




i-Driveは相変わらず使いづら い

BMW4シリーズ iDrive
いつも紹介させていただいてる通りです・・・。



速度計は330km/h!

BMW M メーター
今どきにしては珍しくアナログメーターです。
このタイプに車には、タコメーターは必須でしょう。


M4表示
エンジン始動時には、液晶部分にM4のロゴが表示されます。




BMW M4はクーペなのに後部座席 (リアシート)が広い

BMW M4 リアシート
BMW M4の後部座席(リアシート)

BMW M4のリアシート座り心地は、フロントシートほどでは無いものの、なかなか座り心地は悪くありません。


そして、
BMW M4の後部座席の広さ
思ったよりも後部座席(リアシート)足元が広いのが魅力的でもあります。
先代M3よりも、RC-Fよりも広い快適な空間です。


後部座席用の扉が無いため、日常的に後部座席を利用するような場合にはクーペは難しいと思いますが、月に数回で しかも後部座席に座る人が特に小さいお子様のような場合には、特に問題はないと言えるでしょう。大人が乗っても問題無く、かつてのF31レパードのようで す。




トランクルームも広い

今回は特に撮影はしていませんが、BMW M4のトランクルームは実用上、問題のな容積を持っています。ただし、大きめのスーツケースは2つくらいしか入ら無さそうな大きさになっています。

また、ラゲージスルー機能も装備されており、後部座席を倒せばBMW M4には用が無いだろうスキー板を積むことも可能です。さすがに自転車は無理そうです・・・。





ということで、BMW M4の概要の紹介はここで終了です。次回は、BMW M4の走行性能などについて紹介したいと思います。




NEXT:BMW M4(F81/DCT)の試乗記 走行性能など紹介



関連項目:
BMW318d ラグジュアリー BMW318d Luxury
BMW5シリーズ 523i MスポーツBMW5シリーズ 523i Mスポーツ
BMW 1シリーズ 118d Sport(F82/後期)BMW 1シリーズ 118d Sport
マセラティ ギブリS Q4 フロントマセラティ ギブリS Q4
メルセデスAMG C43 4MATICメルセデスAMG C43 4マチック
メルセデスAMG A45 4MATICメルセデスAMG A45 4MATIC
メルセデスAMG E43 4MATICメルセデスAMG E43 4MATIC
レクサスLC500レクサス LC500 Lパッケージ(V8-5.0L)
スバル WRX S4 2.0GTアイサイトスバル WRX S4 2.0GTアイサイト
V37スカイラインとケンとメリーの木日産 V37スカイライン 200GT-t(次世代ターボ)
トヨタ 86 GT Limitedトヨタ 86 GTリミテッド
ミニクーパーSは3ナンバーにBMW ミニ クーパーS(3ドア/F56)
アウディ SQ5アウディ SQ5(3.0/クアトロ)





ホームリンク撮影についてChallengedrive.netにつ いて運営者情報