Challenge drive.net 車の試乗記
Challengedrive.net  車の試乗記
すべての試乗記トヨタの試乗記

トヨタ 86 GTリミテッド(後期/6MT)

トヨタ 86 GT Limited

トヨタ86はスバルと共同開発で生まれたスポーツカーです。トヨタブランドでは86(ハチロク)として、スバルブランドではBRZとして販売されていま す。

試乗車概要

TOYOTA 86 GT Limited(6MT)

トヨタ86の特徴は、軽い車体・FRであり、パワーが無くても走る楽しさを感じられる1台になっています。

気軽に手に入るFRスポーツですが、実際には日本の若者が購入できるかと聞かれると難しいと思われます。(約300万円)

また、現在の日本車に86とBRZのライバルになる車両はマツダ ロードスターしか思いつかず、かつての日本車であればシルビアやS2000あたりでしょう。

欧州車でもあまり見かけないタイプであり、例えばBMW 220iあたりなら該当しなくもなさそうですが、3.0Lエンジンを搭載できるボディを考えると・・・です。


正式グレードと概要

TOYOTA 86 GT Limited(6MT)

排気量
2,000㏄
最高出力/トルク
207ps/21.6kgm
走行距離 220km
今回の平均燃費
-km/L
車両本体価格 約330万円ほ ど
試乗日の路面状態 ドライ・ウェッ ト


86 GT Limitedはかつては最上級グレードであったものの、現在はGT Limitedの上に”GT Limited high performance package”なるグレードがあり、上から2番目のグレードとなりました。

しかし、86GT Limitedには贅沢な必要最低限の装備が整っており、こちらは後ほど紹介することとします。






トヨタ 86GT リミテッド 外観

まずはトヨタ86の外観を紹介します。

見た目からしてキビキビした走りを期 待させてくれるフロント

トヨタ 86 GT Limited
トヨタ 86GT Limited

特にライトウェイトそうなスポーツカーによくありそうな、フロントグリルが存在しないフロントデザインになっています。



ヘッドライトとターンライト(ウイン カー)はLEDに

後期86はLEDライト
86の後期はウインカー(すべて)やヘッドライトがLEDになりました。

個人的に素晴らしく進化をさせたと感じる点として、ヘッドライトも前後のウインカーもLEDに対応したことです。実際、トヨタブランドもスバルブランドも すべてのライトにLEDを採用した車種は無く、86に採用されたという点では大きな進化と言えます。




横から眺めれば美しい2ドアクーペ

トヨタ 86 GT Limited 横から撮影
このトヨタ86を横から眺めるデザインには安定感すら感じられます。

前後のバランスは整い、美しい流線型を眺められる86のデザインは美しい2ドアクーペと言えるのでは ないでしょうか。




86のリアからの眺め

トヨタ 86 GT リアから撮影
第一印象としてはセリカを思い出させられました。

通常86 GTおよびGT Limitedにはデュアル エキゾースト テールパイプ(左右出しマフラー)が装備されますが、今回はTRD仕様との事で4本出しマフラーが装備されていました。





トヨタ 86GT リミテッド インテリア(内装)

トヨタ 86 GT Limitedのインテリア

続きましてはトヨタ86GT Limitedのインテリアの紹介です。


シートは本革アルカンターラのレ ザーシート

トヨタ 86 GT Limited ハーフレザーシート
スポーツタイプの車両に多々採用例のあるハーフレザーのシートです。

トヨタ86GT Limitedの場合に座面や背もたれにはアルカンターラが、それ以外には本革が採用されているシートで、筆者としては好みのシートになっています。


ただ、座り心地はスポーツカーらしく硬めになっており、あまり期待は出来ません。また、北米に輸出されている車両であるものの、シート自体は大きくなく、 体格の大きな方だと違和感を感じるのでは ないでしょうか。
この小ささだと、ヘソ出しファッションの女性のお腹がた るんでいるようなイメージでしょう。





後部座席の狭さが絶望的・・・

トヨタ86の後部座席
法律上4人乗車が可能なクルマになっています。



トヨタ86のリアシート
が、実際に座ってみると天井に頭がぶつかるほか、フロントシートの普通の位置にしても足が入るスペースが無く、決して4人乗車をオススメすることが出来る 車ではありません。




トランクルームの狭い・・・

トヨタ 86 GT  トランクルーム
この大きさだとスーツケース1個が精一杯でしょう。

ポルシェを除く欧州車では、どんなスポーツカーでも最低限のラゲージスペースを確保している印象がありますが、日本車だと そのような配慮が感じられません。






エアコンはフルオートエアコン

トヨタ 86 GT Limitedはフルオートエアコン装備
フルオートエアコンは装備されているようです。

このあたりのデザインを見ると、前期モデルと大きな違いは無いように見えます。



ステアリングには86のロゴ

トヨタ 86 ハンドルには86のロゴ
86のロゴ(ステアリングスイッチ付き)

近頃だとその車専用のロゴ自体が無いよう思えます。トヨタだとクラウンやセンチュリーくらいでしょうか。




アルミペダル装備

ハチロクのアルミペダル
ペダルはアルミ製です。

今回雨の中でしたが、あまりペダルから足を滑らせることはありませんでした。





トヨタ 86GT リミテッド カッコいい?スピードメーター

トヨタ 86 GT 速度計

トヨタ86のスピードメーターは安価で購入できる車両でありながら、主にマルチインフォメーションディスプレイの機能が充実していましたので紹介します。

いずれも後期最低グレードのG以外には標準装備されています。



そもそもアナログ速度計が妙な向 き・・・

トヨタ 86 の速度計

気になるかどうかは、その人次第ではありますが、0km/hが妙な位置にあるのが少々気になります。実際かなり速度が出ているのにメーターで瞬時に確認が 出来ないことがありました。

もっともGT系グレードにはデジタルスピードメーターも装備されており、それほど大きな問題でもありませんし、アナログメーターもしばらく走行すれば慣れ ます。



Gモニター

Gモニタ
前後左右のGがモニタで確認できます。
よくスバル車に見かけるような気がします。


ただし、Gが掛かるような運転をする時って運転に集中していることが多く、あまり見る機会はありませんでした。でも、山道を走っている時に見るのも面白 かったです。



温度計

温度計
温度計もマルチインフォメーションディスプレイに隠れています。



基本中の基本である燃費計も

燃費計他
一番重要なのは燃費計かもしれませんね。



メーター内については、マルチインフォメーションディスプレイのおかげでスッキリしたように思えます。車を運転する時に重要なのは、速度と回転数そしてシ フトポジションで、それ以外のものを便利な場所に収納したのでは ないでしょうか。




トヨタ 86GT Limitedのデザインを考える

生粋のスポーツカーというのが第一印象です。

実用性はそれほど考慮されず、美しいデザイン、ホールド性が高い一方で座り心地は良くないシート、さらには人が入るスペースが無い後部座席や狭いトランク などなど。


購入できる人は大幅に限られてしまいそうなスポーツカーになっています。
ATを選択することは可能です。



そのようなスポーツカーを買う目的はただ1つ。
「走る 喜び」です。

トヨタ86GT リミテッドには「走る喜び」があるのかどうかを次の項目で紹介したいと思います。







トヨタ 86GT Limited 走行性能

続きましてはもっとも気になるであろうトヨタ86の走行性能の紹介です。最大の魅力は、(日本において)このご時世でありながらマニュアル車に乗ることで しょうか。



最大の魅力は峠道(カーブの多い道)でしょう

カーブの多い道

2,000㏄(NA)でも力強いエンジンは、適度に回転数を上げてアクセルを半分近くまで踏み込めば、気持ちの良い加速感を得られます。アクセルを踏んだ ら、思い通りにその分だけ敏感に反応してくれるのが魅力的です。

また、重心が低く、カーブを曲がる際も多少速度が高くても気持ち良く曲がることが可能です。


AMG A45やBMW M4のように激しいコーナリング性能を見せてくれるのではなく、簡単にグリップの限界を迎えるため、TRC+VSC(滑らない装置)をOFFにすればドリ フト走行も容易に行えます。ONにしていても、路面が濡れ ていると簡単に滑ります・・・。

逆に言うなら、それほど高い速度でなくても、簡単にドリフトを行うことが出来るため、ドリフトの入門にも良い1台であるとも感じられました。(ドリフトだ けならATでも出来ます!)





高速道路においても抜群の安定感

カーブの多い道
沖縄自動車道を走行

スバルの車にここまで安定する車はありません。と、申し上げたいくらい高速走行時も安定した走りを感じることが出来ます。

アウトバーンでトップスピードを目指すような性能を持っているとは感じられなかったものの、日本の高速道路であれば快適に走行することが可能です。



また、合流レーンなどで一気に4,000~6,000回転くらいまで回転数を上げるのが、この上なく気持ち良いです。この気持ち良さだけはMTでないと体感 できなさそうです。




86のスポーツな走りを総評

サーキットでタイムを競うよりも、峠でドリフトを楽しむ。
高速道路で追い越し車線をかっ飛ばすよりも、ワインディングロードを楽しむ。

それがピッタリの1台と言えます。
しがって、「走る喜び」を感じられる素晴らしい1台と言えるでしょう。


そして、2,000㏄のNAエンジンは強烈な加速感を得ることは出来ないものの、「車を運転している」感覚を思い出させてくれます。少なくとも電気自動車 やハイブリッドでは体感できない魅力を持っています。



なお、特に公道においては安全運転の徹底をお願いします・・・。
ドリフトは操作を誤ると大きな事故につながります。今回の私の場合は雨で勝手に滑っただけと言い訳をしておきます。




市街地走行の場合には?


3ナンバーサイズではありますが、それほど大きな車体では無いため、運転のしやすさに不自由はありません。後方視界は若干悪いですが、バックモニターを装 着すれば問題ありません。

一方、86のMTですが、限りなく新車に近い状態での試乗であったことと、スポーツカーであるため、一般車と比較をすると発進時にクラッチを繋ぐのに苦労 しましたが、慣れてしまえば ごく普通のMT車と遜色ないくらい運転しやすいです。


したがって、街中走行でも運転のしやすいトヨタ86は2名までしか乗車しない環境で生活している方にはオススメしたい1台でもあります。





トヨタ 86GT Limited 総評とまとめ

86

ここ数年、86やBRZのような気軽に乗れる「スポーツカー」と言えばマツダ ロードスターしか思いつかない現在、貴重な存在になってしまいました。2ドア クーペは販売台数では不利であるため、高級車(フェアレディZやBMW Z4・メルセデス・ベンツSLK等)枠でしか販売には向きません。

そのような中、他のメーカーと共同で開発することでコストを削減し、コストパフォーマンスの優れたスポーツカーを販売する姿勢は素晴らしいと認識しており ます。(それでも車両本体価格は300万円であるため、決して安いとは言えませんが、ほとんどが500万円以上と考えると・・・)


安価で感動出来るクルマ それがトヨタ86であると感じられました。



トヨタ86 GT Limited まとめ

・近頃の車両本体価格の上昇を考えてもコストパフォーマンスに優れている。
・加速感やコーナリング性能でも欧州ホットハッチに負けない性能を持っている。
・ぜひMTをオススメしたいが、ATでも楽しめる車である。

・オススメグレードは下から2番目GTで、必要最低限の便利な装備がある。
・GT Limitedに装備されるアルカンターラも悪く無い。
・走りを楽しむことに特化したクルマであるため、居住性を気にしてはいけない。
・86は(日本において)若年層をターゲットにしたクルマであるが実際はオッサン層が多い。
   ⇒現在では若年層にも売れているとか?


少なくとも、走りを考えればかつてシルビアやS2000を彷彿させるものであり、その年齢層の方々も今ではオッサンだったりオバサンだったりすることを考 えれば、年齢層が高いことも理解できないこともありません。

また、車両本体価格も決して安いとは言えず、実用的に不便なクルマでは購入するには勇気が必要になります。


しかし、一歩勇気を出せば「走る喜び」を常に感じられることを保証して おきます。








関連項目:
クラウン ハイブリッド アスリートS クラウンハイブリッド アスリートS
210系 クラウン マジェスタ 3.5ハイブリッドトヨタ クラウン マジェスタ Fバージョン
マークX 250G FOURトヨタ マークX 250G FOUR(後期/新型)
V37スカイラインとケンとメリーの木日産 V37スカイライン 200GT-t(次世代ターボ)
BMW M4クーペBMW M4クーペ(F82/DCT)
トヨタ C-HR S-T(4WD)トヨタ C-HR S-T(4WD/1.2Lダウンサイジングターボ)
スバル インプレッサG4(GK)スバル インプレッサG4(AWD/GK)
トヨタ アクア X-URBAN フロントトヨタ アクア X-URBAN(10系/後期)
トヨタ カローラフィールダー ハイブリッドG WBトヨタ カローラフィールダー ハイブリッドG WB
メルセデスAMG A45 4MATICメルセデスAMG A45 4MATIC
スバル WRX S4 2.0GTアイサイトスバル WRX S4 2.0GTアイサイト






ホームリンク撮影についてChallengedrive.netにつ いて運営者情報