Challenge drive.net 車の試乗記
Challengedrive.net  車の試乗記
すべての試乗記メルセデス・ベンツの試乗記

メルセデスAMG A45 4MATIC(W176/後期)

AMGアドバンストパッケージ装備車

メルセデス・ベンツAクラスはメルセデス・ベンツが販売しているCセグメント ハッチバック車であり、メルセデスAMG A45 4MATICはAクラスをベースにメルセデスAMGのブランドで販売している最強のCセグメント車の1つです。

ライバルは、Audi RS3やVW ゴルフR、BMW M2で、同じハッチバックのBMW M135iでは少々物足りなさそうです。


このページは2ページ目で、メルセデスAMG A45 4MATICの走行性能やまとめを紹介しています。概要やデザインなどをご覧になる方は、メルセデスAMG A45 4MATIC(1ページ目)をご覧下さい。

(おさらい)試乗車概要

Mercedes AMG A45 4MATIC
メルセデスAMG A45 4MATIC

小さなボディにAMGのすべてがつぎ込まれている。それがAMG A45です。

4MATICとはメルセデス・ベンツの4WDを意味しています。逆に言うなら、ハイパワーでも4WDがパワーをすべて受け止めてくれる ことになりそうです。


(おさらい)正式グレードと概要

Mercedes AMG A45 4MATIC

排気量
2,000㏄
最高出力/トルク 381ps/48.4kgm
走行距離 約200km
今回の平均燃費
-km/L
車両本体価格 約800万円ほ ど
試乗日の路面状態 ウェット


メルセデスAMG A45 4マチックは1グレードのみで構成され、必要なオプションを装備することになっています。今回の試乗車にはAMG アドバンストパッケージ(約81万円)が装備されています。





メルセデスAMG A45 4MATIC 普通の走行性能

まずは一般道などを走る際など実用上の走行性能を紹介します。

街中走行も走りやすい・・・けど

A45で街中を走ってみた
撮影は東京都心ではありません。

実際東京都内で小ベンツを走らせても、AMGには違いないのでバカにされる感はありません。

ただし、ミッションがDCTであるため、相変わらず発進時は もたつきます。隣に並んでいるLPガスのタクシーの方が、圧倒的に発進は速いです。



一方、普通に運転する分には、何ら問題はありません。
デメリットを挙げるなら、
・乗り心地が悪い(ノーマルモードのサスペンションでも)
   ⇒神経質な女を乗せると厄介
・バックでの車庫入れがA180よりも難しい(4WDだから?)
  ⇒私は運転が上手な方のはずですが、位置を間違えたら3回切り返しをしました・・・。
 

などがあります。


いずれにしても、コンパクトでありながら、あまり東京の都心での走行には向かない1台かもしれませんね。




高速道路は快適

高速道路を走行
撮影は首都高で行っていますが、実際には中央道や圏央道も走ってみています。

当然、ドイツの車ですので高速走行時の安定感は優れています。足回りが硬いので橋のつなぎ目を通過する際に軽めの衝撃があるくらいです。また、ディストロニックプラスはこのAMG A45にも装備されており、たとえ渋滞があってもストレスが少ないです。


高速走行時に、タイヤのノイズや風の音が気になると思っていたのですが、エンジン音が多少入ってくるくらいで「やんちゃな高級車」だと思えば問題無いでしょう。




メルセデスAMG A45 4MATIC スポーツ性能

さて、東京は端っこの檜原村と山梨県上野原市の境目近くにやってきました。


東京と山梨の県境

ココは本州にある東京でもっとも田舎な場所です。もっとも田舎ということは、交通量が少ない峠道でもあるということです。(実際は道中ダンプカーも多かったのですが・・・。)




AMGダイナミックセレクトで走行モードの切り替えが可能

AMGダイナミックセレクト
SPORT+シフトの手前にあるAMGダイナミックセレクタでS+(スポーツ+)にすると、足回りは乗り心地が悪いと感じるくらい硬くなり、マフラーの音も変わります。

しっかりとしたハンドリング性能で峠道を走れば、これほど楽しいものは無く、たとえ世間から小ベンツと言われようが、買って後悔するクルマでは無いことを体感できます。

個人的には、北海道等のゆるやかな峠道で走行すれば、より一層気持ち良くなれると思いました。



と、AMG A45が素晴らしいと評価できる車であることを理解していただいたと思いますが、残念ながら これだけではありません。

このAMG A45 4MATICには、AMGアドバンストパッケージが装備されているのです。





RACEモードがヤバい

AMGダイナミックセレクト レースモード
AMGダイナミックセレクタをスポーツプラスから右へ1つ
レースモードが用意されています。

このレースモードですが、メーカーは一般公道でレースモードの使用は推奨せず、サーキットでの利用を推奨しています。



レースモード

しかしそんなことに かばっていられません。

人はなぜ海に行く?⇒それは、そこに海があるからです。
人はなぜキャバクラに行く?⇒それは、そこにキャバクラがあるからです。

では、
なぜレースモードで走る?⇒それは、このAMGにレースモードが装備されているからです!



レースモード

レースモードに切り替えて発進させたら、ほんのチョットアクセルを踏んだだけにも関わらず、ものすごく激しい加速をしてくれます。きっと このクルマでローンチコントロールを利用したら、むち打ちになるくらいです。

また、あまり路面が綺麗でないため、車内に伝わる衝撃は激しく、同乗がいれば間違えなくゲ□を吐くところでしょう。(スポーツモードのサスペンション)





レースモード

★ハンドリング性能は別格★
その代わりハンドリング性能は絶品で、コーナーをスピードで曲がったとしても車は応えてくれます。また、雨にも関わらず滑る気配も見せず、どこまでも曲がっていきそうなコーナリング性能を体感できます。

いずれも、4マチック(4WD)や、AMGフロントアクスル ディファレンシャルロック※など、AMGには必要な装備なのだということが理解できます。
※AMGフロントアクスル ディファレンシャルロックとは、駆動輪のスリップを抑制し、トラクションを効率的に路面に伝える機能のことで、ハイパワーのA45において、コーナリング性能の要とも言える機能です。AMGアドバンストパッケージに装備。



ということで、峠道を走り終えた頃にはエアコンがついているのに汗びっしょり、まさに昇天した感覚でした。一つだけ言えることがあるとすれば、乗ったことも無いのにAMGをバカにする人がいるなら、その人は一度試乗し、ぜひ始末書を書いていただきたいものです。





メルセデスAMG A45 4MATIC 気になった点

AMG A45に乗って気になったことをいくつかピックアップしました。

シートベルトが赤い

赤いシートベルト
すごくどうでも良いのですが、シートベルトが赤いです。
意外性と言えば意外性ですかね?



アンビエントライトは12色

アンビエントライトは12色
AMG A45では12色のアンビエントライトのカラーを選択することが可能です。
A180ではオプション扱い。


Aクラスのアンビエントライト(一部に標準装備・オプション)色々な場所に点灯します。
色を変えたアンビエントライト冒頭で紹介している通り12色のカラーに変更が可能です。

同じメルセデスSクラスも充実したアンビエントライトが装備されていますが、Aクラスの場合は少々物足りないです・・・。

Sクラスは色を赤にすれば、ラ〇ホテルに変貌するのに対し、Sクラスは対して車内が照らされることは無く、「凝っている」程度でしょう。








harman/kardonロジック7 サラウンド サウンド システム

harman/kardon ロジック7
AMGアドバンストパッケージを装備するともれなくharman/kardonロジック7が装備


ハーマンカードン ロジック7 私の記憶の中では、ベルリンで試乗したCLS350シューティングブレークに装備されていたスピーカーと同じです。

改めてハーマンカードンで聞いてみると素晴らしいスピーカーだということが分かります。












3連メーター

3連メーター
必要ないと言われれば必要のない3連メーターです・・・。
メルセデスAMGもモニタで表示されるようです。




メルセデスAMG A45 4MATIC 総評とまとめ

Mercedes-AMG A45 4MATIC
この小さなボディの中に、AMGの技術をすべてつぎ込まれた。それが、メルセデスAMG A45 4MATICです。直列4気筒2.0Lエンジンでこれだけのパワーを持てるクルマともなると、日本車メーカーの技術者も真っ青でしょう。

また、車両本体価格も決してお手頃とは言えませんが、720万円~購入でき、4人でも比較的快適に乗車できる車であることから、中途半端なスポーツカーを改造するのであれば、AMG A45の方がよっぽどコストパフォーマンスが良いと考えられます。

また、今回はAMGアドバンストパッケージが装備されており、これも快適性や走行性能に大きく影響を与えています。あとは、車両本体価格+80万円という金額をどう考えるかです。



AMGアドバンストパッケージは必要な装備か?無駄な装備か?

turbo
今回Mercedes-AMG A45 4MATICを紹介するにあたり、何度も「AMGアドバンストパッケージ」と表記させていただきました。80万円も掛かかるのですが、実際に装備すると走行性能にどのようなメリットがあるのか簡単に紹介します。

・AMGドライバーズパッケージ⇒スピードリミッターが270km/hに変更。 必要度〇
・AMGパフォーマンスステアリング⇒ステアリングの一部がDINAMICAに。 必要度△
・AMGフロントアクスル ディファレンシャルロック(紹介済み)     必要度◎
・AMGパフォーマンスシート⇒レカロ社製の本革シート。         必要度〇
・harman/kardonのスピーカー               性能的に必要度

などなど


必要か不要かは、それぞれの考えによりますが、AMGフロントアクスル ディファレンシャルロックでより一層走行性能が向上し、レカロの本革シート+ハーマン カードンのスピーカーが装備されるのであれば、80万円は決して高いオプションだと私は思いません。

なお、「お前はベンツすら買えないだろ?」というツッコミは不要でございますので予めご了承ください。



Mercedes-AMG A45 4MATIC まとめ

・街乗りの延長でそのまま長距離ドライブに出られる。
・普段から使うには乗り心地が悪い。
・いくらAMGでも買えないから小さいベンツを買うんだろうと思う人は少なからずいる。
・フロントグリルが一目見てベンツであるため、営業先に行きたいクルマではないかも。
・エンジンスタートボタンを押した瞬間から非日常を味わえる。
・よく曲がり、よく止まる。スポーツ走行では覚悟が必要。

スポーツカーは欲しい、でも家族(特に奥様)から反対されるーっ・・・。って方にはオススメしたい一台です。平日は奥様の買物や子供の送り迎えに、休日は旦那様のドライブに、荷物もそこそこ詰める4WDなので、いろいろなシチュエーションに対応します。




ただし、今回のAMG A45の撮影は2回に分けて行いましたが、実際に峠を走ってみないと、このAMG A45の魅力は分かりません。少なくとも、コーナーを攻めない限り、AMGの魅力は無用の長物となるでしょう。






関連項目:
メルセデス・ベンツA180スポーツ 横からメルセデス・ベンツAクラス A180スポーツ
メルセデス・ベンツ C180カブリオレメルセデス・ベンツC180カブリオレ スポーツ
メルセデスAMG C43 4MATICメルセデスAMG C43 4マチック
メルセデスAMG E43 4MATICメルセデスAMG E43 4MATIC
メルセデス・ベンツE220ブルーテック AMGスポーツパッケージE220ブルーテックAMGスポーツパッケージ(W212)
メルセデス・ベンツCLS350ブルーテック シューティングブレークCLS350BlueTEC Shooting Break
メルセデス・ベンツ C220d アバンギャルド フロントC220d(BlueTEC) Avantgarde
BMW 1シリーズ 118d Sport(F82/後期)BMW 1シリーズ 118d Sport
レクサスCT200h versionCレクサス CT200h バージョンC
ミニクーパーSは3ナンバーにBMW ミニ クーパーS(3ドア/F56)
スズキ アルトワークス(HA36S)スズキ アルトワークス(5MT)
メルセデス・ベンツS550L メルセデス・ベンツS550L
スバル WRX S4 2.0GTアイサイトスバル WRX S4 2.0GTアイサイト
BMW M4クーペBMW M4クーペ(F82/DCT)



ホームリンク撮影についてChallengedrive.netにつ いて運営者情報