Challenge drive.net 車の試乗記
Challengedrive.net  車の試乗記
すべての試乗記トヨタの試乗記

ヴェルファイア 3.5ZA-Gエディション

(30系/7人乗り)

トヨタ ヴェルファイアはトヨタを代表する最高級ミニバンです。兄弟車はアルファードでアルファードがトヨペット系列店で販売されているのに対し、ヴェルファイア はネッツ店で販売されています。スポーティな外観が特徴です。


試乗車概要

TOYOTA VELLFIRE 3.5 ZA”G-EDITION”
トヨタ ヴェルファイア 3.5ZA”Gエディション”

すでにヴェルファイア 3.5エグゼクティブラウンジとアルファード 2.5 Sをお伝えしていますが、今回はヴェルファイアの3.5L車を再びお伝えします。


正式グレードと概要

TOYOTA VELLFIRE 3.5 ZA”G EDITION”

排気量
3,500㏄
最高出力/トルク
280ps/35.1kgm
走行距離 450km
今回の平均燃費
8.9km/L
(満タン法)
車両本体価格 約500万円ほ ど
試乗日の路面状態 ドライ


今回の試乗車のヴェ ルファイア 3.5ZA”Gエディション”は、ヴェルファイアのスポーティグレード(エアロパーツ+大径アルミ)の中では最上級グレードになります。また、搭載エンジ ンはV6-3.5Lとなっており、パワーは十分にあると考えられます。

アルファードの同一グレードの場合、3.5SA”Cパッケージ”となりますが、外観以外はほぼ同じになっています。





ヴェルファイアZA"Gエディション"  エクステリア(外観)

まずは、ヴェルファイア 3.5ZA”Gエディション”の外観を紹介します。先日ヴェルファイアのリアから全景を撮影した画像が1枚も無くクレームがあったため、これだけ見づらい クルマですが、すべてを紹介します。

ということで、今回は少なくとも景色だけは美しいモノを眺めていただきたく、新潟県は南魚沼市にて写真撮影を行いました。撮影日は最高級コシヒカリの収穫 している頃です。


エアロパーツが印象的なフロント

ヴェルファイア スポーティグレード
スポーティグレードであるため、エアロパーツが印象的です。
純正品ですので、いわゆるV.I.Pカーのようなお下品さはありません。


ヴェルファイア参 考までに左はエグゼクティブラウンジ

好みにもよりますが、今回試乗したヴェルファイア 3.5ZA”Gエディション”の方がフロントバンパーがオシャレになっています。ただ、フロントグリルは鏡かのように周りを映し出してくれるため、筆者近 影しないようにするのが大変でもありました。




ようやく見慣れてきたヴェルファイア のリア

ヴェルファイア ZA リアから撮影
ヴェルファイア 3.5ZA”Gエディション”をリアから撮影

以前お伝えしたヴェルファイア エグゼクティブラウンジでは、あまりのブサイクさにリアから撮影した画像は公開しませんでしたが、今回は周りの山々の美しい景色とともに撮影したため、あ る意味、一大決心をしリアからの画像も公開します。

ただ、販売開始されてからだいぶ時間も経っており、だいぶ見慣れてきている感があるのも理由の1つでもあります。




ヴェルファイアも横の姿は悪くない?

横から見たヴェルファイア
ヴェルファイアをななめ横から撮影

横からのデザインは悪くないです。
(横からのデザインだけが悪くないってどう・・・?)



18インチアルミは印象的

18インチアルミ
235/50R18 切削光輝アルミです。

このホイールはGエディション(エアロの最上級グレード)のみに設定されているホイールです。




純正ナビを装備しないとキノコミラー も標準装備

ヴェルファイア キノコミラー
死角を減らすための措置ですが、鏡が小さくあまり役に立ちません。




ヴェルファイアZA"Gエディション"  インテリア

ヴェルファイアやアルファードはグレードにより、内装が大幅に変わります。今回はスポーティなグレードであるZA”Gエディション”のインテリアを紹介し ます。


メインは2列目 7人乗りキャプテン シート装備したヴェルファイア

ヴェルファイアZA”Gエディション” 2列目シート
VIPカーとしても十分に活用できるシートです。

シートの形状はエグゼクティブラウンジと変わりはありませんが、スポーティ系グレードでは本革シートはオプション扱いとなっており、ZA"Gエディション "の標準装着は「ファブリック+合成皮革」となっています。

本革シートでなく少々残念なように思えますが、メリットとしては駐車場に屋根が無いような場合でもシートが痛む心配が無いことでしょうか。私としては本革 シートほどのお手入れが不要であるこちらのシートの方が好きではあります。

シートを後ろにすれば、足を伸ばすことだって可能です。



電動シートにドリンクホルダー

電動シートとドリンクホルダー
2列目シートにはドリンクホルダーとパワーシートが装備

また電動シートですがリクライニングとフットレストは電動ですが、前後に動かすのだけは手動式になっているようです。




テーブルも設置

テーブルも設置
テーブルも設置

さすがにエグゼクティブラウンジのようにひじ掛けから個別のテーブルは出てきませんが、必要最低限のテーブルは用意されており、「ワインとおつまみ」くら いなら車内で楽しむことが出来るでしょう。



後席スライドドアは両側とも電動

両側パワースライドドア
ボタン一つでパワースライドドアの開閉が可能写真上:
フロントシートからも開閉操作は可能。

20系一部グレード同様、おそらくVIPが乗った時のことを想定して助手席からも操作できるようになったのでしょう。


写真左:
外側からでもワンプッシュで開閉可能です。(荷物を持っていたり、子供を抱えている時には便利な機能)








3列目シート 2列目シートのインパ クトと比較をすると・・・

3列目シート
ごく普通のシートのようです。

ひじ掛けを上げれば3列目シートは3人乗車も可能です。また、真ん中のヘッドレストも装備されています。(ヘッドレストを装着するとルームミラーから後ろ が見えないため、人が乗らないときは外す場合が多いです。)



3列目シートは狭いか?

3列目シート 狭い?
少なくとも2列目シートほどの乗り心地はありません。

さらに、2列目に座った人がリラックスポジションにしようものなら、3列目狭くなり窮屈な旅行をする必要があります。



といいつつ、
3列目シート 広い!
2列目シートを普通の位置にすれば、それほど狭くありません。


したがって、ヴェルファイア ZA"Gエディション"は6人でドライブするには最高で快適なクルマであると言えます。(運転手を除く)



ラゲージスペース

そんな狭くなったり広くなったりする3列目のシートですが、他のアルファードやヴェルファイアの紹介ページで紹介している通り、3列目シートは畳むことが 可能です。

収納した三列目シート
1:1で収納可能

2列目シートを なるべく前にすれば大きめのスーツケース6~8個くらいは入ったと記憶しています。また、スーツケースを大量に収納して高速道路を走っても、荷物の重さに よる走行性能への影響を感じることもありませんでした。




運転席&助手席(別名:コックピッ ト)

フロントシート
これだけ素晴らしい後部座席を持つクルマとなれば、ココはコックピットと言えるでしょう。

Gエディション・VL・エグゼクティブラウンジとハイブリッドの全グレードには、大きなひじ掛け(コンソールボックス)が装備されています。クラウンのよ うな快適性がある運転席ですね。



シートは電動・助手席はフットレスト 付き

パワーシート
助手席のフットレストと聞くと日産(ティアナ・フーガ等)をパクったのか?と指摘したくなります・・・。

このような快適装備は助手席についており、結果ヴェルファイアで一番「負け」と呼ばれる場所は、間違えなく運転席だということを結論付けることが出来ま す。



コックピットはウッド調パネル

ウッド調
高級感のあるウッド調パネルで揃えてあります。

一応、フルオートエアコンや電子式パーキングブレーキは全グレードで装備されています。


ウッドコンビステアリング
ウッドコンビステアリング(ヒーター付き)も装備されています。

最近ではウッドコンビステアリングが廃止されている車も多くなりましたが、ヴェルファイアやアルファードにおいては、グレード別にて存在しているようで す。


-----------------------------------------------------------

今回試乗をしたヴェルファイア3.5ZA”Gエディション”ですが、内装はエグゼクティブラウンジほどの豪華さは無いものの、一般の人が所有するには十分 なインテリアを持っていると感じられます。クラウン アスリートG(ファブリック仕様)のようなイメージでしょう。

少なくとも、友人を招待する際には喜ばれる1台になるのは間違えなく、ヴェルファイア(やアルファード)の豪華仕様であるがゆえに、強制的に車出しおよび 運転手をさせられる可能性はありそうですね。

-----------------------------------------------------------


ということで一旦終了です。
次のページでヴェルファイア3.5ZA"Gエディション"の走行性能や実用性を紹介したいと思います。


NEXT:ヴェルファイア3.5ZA”Gエディション” 走行性能や実用性






関連項目:
ヴェルファイア3.5ヴェル ファイア エグゼクティブラウンジ3.5
アルファード2.5Sアルファード 2.5S 7人乗り(2WD/30系)
エスティマ アエラスプレミアムトヨタ エスティマ アエラスプレミアム(30系/マイナーチェンジ後)
レクサスLX570レクサス LX570(後期)
クラウン ハイブリッド アスリートS クラウンハイブリッド アスリートS
クラウン ハイブリッドロイヤルサルーン(後期)トヨタ クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーン(2.5)
210系 クラウン マジェスタ 3.5ハイブリッドトヨタ クラウン マジェスタ Fバージョン
ランドクルーザー プラド TZ-Gランドクルーザー プラドTZ-G(ディーゼル)
スバル レヴォーグ1.6GTスバル レヴォーグ1.6GT アイサイト
日産クエスト北米日産 QUEST


ホームリンク撮影についてChallengedrive.netにつ いて運営者情報