Challenge drive.net 車の試乗記
Challengedrive.net  車の試乗記
すべての試乗記マツダの試乗記

マツダ デミオXD (ディーゼル/DJ型)

MAZDA DEMIO XD(最低グレード)
マツダ デミオ XD


マツダ DJ系デミオは2014年より新たに販売を開始。ガソリン車には全グレードでスカイアクティブエンジンを搭載したほか、日本においてはディーゼルエンジン モデルも販売開始しました。

日本国内において、従来のマツダ デミオはライバル他社と比較をすると売れ筋では無く、レンタカー等向けにも大量に格安で販売をしていました。しかし、このモデルのデミオからは安易な安売 りはしない方針になりました。

つまりは、製品(新型デミオの性能)にかなりの自信があり、相当の性能を期待出来るでしょう。





試乗車概要

MAZDA DEMIO XD(Diesel)

排気量
1.5L
最高出力/トルク
105ps/25.5kgf
走行距離
380kmほど
今回の平均燃費
後日
AQUA vs Demio
燃費対決
ご覧ください!!
車両本体価格
約180万円
 
今回は最低グレードではありますが、後述する通りなかなかの性能を持っています。


デミオ ディーゼル エクステリア

CMなどで自負?していた通り、デミオは欧州チックなデザインになったと思います。写真で見る限り、ボンネットが長くなったような気がします。


マツダ デミオ XD
ディーゼルのグレードのフロントグリルは赤い線でディーゼルと分かるようになっているようです。


アップグレード感 演出のためかアルミホイールが標準装備

MAZDA DEMIO Diesel

ディーゼルであるXDグレードは、すべてアルミホイールを装備しており、グレードアップ感があります。


後ろからのデザインは従来通り?

デミオ 後ろから
後ろから見たデミオのデザインは、先代デミオのデザインを世襲しており、ここはヨーロッパの雰囲気を感じることは出来ません。



DJ型 デミオのインテリア

新型デミオ 運転席周り

さて、ヨーロッパ人に好まれそうな外装を持つデミオですが、ヨーロッパで好まれるには内装も重要になります。さて、いかがでしょうか。


エアコンの吹き出し口マニュアルエアコン
左:エアコンの吹き出し口が丸いのは最近のメルセデスのパクリでしょうか?
右:XDの最低グレードにはフルオートエアコンは装備されません。







ごく普通の座り心地のシート

新型デミオ 内装

VWポロ(硬いシート)と比較をすると、ごく普通のシートが搭載されています。とはいえ、座り心地は悪くはありません。基本的に長距離のドライブも快適で あるため、バカンスシーズンに大陸を移動するシチュエーションが多いヨーロッパでも好まれるでしょう。



デミオの後部座席の快適性
巨大な白菜を置いています

後部座席はそれほど広くなく、運転者が大柄な人やシートを倒して運転するような人だと、後部座席の人がつらい思いをします。ボ ンネットが長くなったであろう分後部座席が狭くなったかもしれませんが、実用上は問題無さそうです。


専用設計の純正ナビ(MAZDA CONNECT)

デミオ純正ナビ
コマンダー(コントローラー)
メーカーオプションしかも専用設計の純正カーナビは、日本のコンパクトカーでは あまり見かけない装備です。

左のコマンダーコントロールを使ってモニタを操作します。


利用する人によっては使いづらいという意見もあるようですが、少なくともBMWやAudiのカーナビと比較をすれば、圧倒的に使いやすいのでは ないでしょうか。





ちなみに、
純正モニタ
ステアリングスイッチ
カーナビ以外にもオーディオや車両設定を行うことが出来るようになっており、なんだかんだナビは高級車に匹敵するものが装備されていると言っても良いと思 います。

また、オーディオやBluetooth等のステアリングスイッチも装備されています。
(クルーズコントロールが装備されていないせいか、シンプルだと思います。)

あとは、ウレタンでは無く本革のステアリングであれば最高だと思います。








MAZDA DEMIO XD(Diesel)走行性能

デミオ スカイアクティブD

さて、ここまではデザインやインテリアの快適性だけで欧州車向きかを検証してきましたが、ここからは、実際に運転をして快適性など走行性能を確かめてみた いと思います。車両本体価格は180万円と少々お高めで、もう少し出せばVWポロだって購入出来ます。(約230万円)

さて、欧州車との性能差はどうでしょうか。


目玉は1.5Lスカイアクティブ ディーゼルエンジン

このモデルの一番の目玉はなんといっても、日本のコンパクトカーで初めてディーゼルエンジンが搭載された車両でもあります。

コンパクトカーとしては少々お高めの金額ではありますが、トヨタの超低燃費エコカー アクアなどと比較をすれば、同じくらいの金額になり、必ずしも高いとは言えないでしょう。

デミオの搭載されているディーゼルエンジン

アクセルを少し踏めば力強い加速をしてくれ、2000㏄越えのパワーを持つ車と同等の加速性能と言っても過言ではありません。たとえば、信号が変わりそう な時に普通の車だとキックダウンを行いますが、デミオ ディーゼルであれば、そんな必要はまったくありません。
ただし、ディーゼル車全般ですがキックダウンをしたとしても、強い加速力は得られません。

今まで私が試乗したディーゼル車だとメルセデスの2.2Lや3.0L・BMWの2.0Lなど、比較的排気量の大きめの車両ばかりで、1500㏄だとパワー 不足を予想していましたが、そんなことは無く、ボディの重たさに対して十分すぎるパワーがあると思います。


パワーがあってもエコ(エコロ ジー・エコノミー)

フォルクスワーゲングループの排ガス問題でディーゼル車の環境性能に疑いの目を向けられています。マツダは当然ディーゼル車においての不正は一切行われて いないとのことですが、燃費が良ければイイだろ?っていう考えは大いにあると思います。


いずれにせよ、パワーを考えるとガソリン車と比較して経済的(エコノミー)です。

ただ、たまには長距離走行をしないとDPF再生装置(ディーゼル微粒子捕集フィルターの再生装置)が作動してしまう、また車の寿命を考えると長距離走行を する必要があり、普段短距離しか乗らない場合故障してしまう恐れも十分にありえます。



高速道路も山道も街中も

すべてにおいて安定しています。

高速道路

ただしハンドルが軽すぎる感じがあり、街中を走行する分には問題ありませんが、高速道路で100km/hくらいで走行していてもハンドルが軽いままで、安 定感を得ることが出来ません。

本当に車速感応式パワーステアリングなのか気になります。


それは山道でも同様で、速度が高くなるとハンドルが重たくなるクルマに乗り慣れている私としては残念な点です。


なかなか良い音響設備

新型デミオは純正オーディオを用いて音楽を再生します。日本のコンパクトカーだと、大音量で音楽を聴こうとすると音が割れるような感じがする上、外にも聞 こえてしまうため、原宿のようなオシャレな街で大音量でサザンの名曲マンピーのG☆SPOTを聞くことなど出来ませんでした。


それが、このデミオは音に重厚感があり、大音量で流しても不快な感じは無く、ヨーロッパ仕様の車に近づいたのではないかと思います。


(参考)
考え方として、日本車のオーディオは所詮飾りですが、欧州車ではオーディオは重要なアイテムとされています。そのためか、純正 ナビにおいてはヨーロッパ車の方が比較的早くからAUXケーブルが装備されました。

欧州車の場合コンパクトカーと呼ばれるVWポロであっても、音質の良いオーディオ(スピーカー)が装備されており(実際に良いと思いました)、今回のデミ オはヨーロッパ人好みのクルマになったのでしょう。


デミオ ディーゼルその他 気になったこと

踏んでも加速しないことが

タコメーター
デミオで走行している時にタコメーターを見ると2000回転以下です。しかし、ディーゼルの力強さを感じられる回転数は2000回転以上です。

そのため、追い越し車線などに入ろうとして少しだけアクセルを踏んでも、ターボが瞬時に動かないためか加速せず、慌ててしまうことが多々あります。



タイヤはBluEarthを装着

MAZDA DEMIO Diesel

ブルーアースは横浜タイヤが販売するエコタイヤのブランド名であり、ブリヂストンだとエコピアという名称で販売されていたりします。


ブルーアースにもいろいろな種類があり、何の銘柄かまでは見忘れてしまったのですが、これがもしVWポロなどに装着されているコンチネンタルのタイヤが装 着されていれば、もう少し良い足回りを実現できたのではないかと思いました。

欧州車と自画自賛するのであればもう少し良いタイヤを標準装着するべきでしょう。
(もし、良いタイヤを履いていたらゴメンナサイ)


運転を評価するクルマ

エコ情報

エンジンスイッチをOFFにするとご覧のような画面が出ます。ある程度距離を走ると運転の評価が表示され、エコなドライブに役立ちます。まぁ、必要ないと 言えば必要ないでしょう・・・。


プッシュスタート

謎なプッシュスタート

最近の車は鍵をポケットやカバンに入れたままでも、フットブレーキを踏んでボタンを押せばエンジンが始動するというものです。デミオを例に漏れず、その装 備があります。

ですが、ドアのカギの開け閉めはわざわざキーを出す必要があります


デミオ XDディーゼル 総評

メーター

小さなディーゼルエンジンを搭載したデミオに試乗しましたが、トータルで見ても非常に素晴らしいフィーリングを持つ車である印象を受けました。


格段に向上したデミオ

今まで、デミオと言えば たしかに加速は良いけれど燃費は悪く、ハンドリングは良いけれど何か安定感が足らず・・という印象でした。逆に1500㏄クラス以上のアクセラになると、 良いハンドリング+抜群の安定感+長時間座っても疲れないシート等という印象があり、デミオだけが負け組でした。


しかし新型になると、走行性能だけで見ればライバルであるヴィッツ・フィット(マーチやミラージュ他は論外・・・)よりも、抜群であると思います。つまり、期待して良いコンパクトカーになったと 言えるでしょう。

それどころか、本気の足回り性能では及ばなくとも、フォルクスワーゲンのポロと同格の性能を感じられ、素晴らしい車でありました。



いずれにせよ、同じ低燃費車と言われるハイブリッドでは味わえない加速性能があり、ハンドリング性能も十分。長距離ドライブも快適に支えてくれ、今までの デミオとは一味違うクルマになったのでは ないでしょうか。






関連項目:
トヨタ アクア X-URBAN フロントトヨタ アクア X-URBAN(10系/後期)
ホンダ フィット3 ハイブリッド Lパッケージホンダ フィット3 ハイブリッド Lパッケージ
マツダ New CX-5 XDマツダ CX-5 XD プロアクティブ
マツダ CX-3 XD プロアクティブマツダ CX-3 XD プロアクティブ
スズキ アルトワークス(HA36S)スズキ アルトワークス(5MT)
アウディA1 10TFSIスポーツバックアウディA1 1.0TFSI スポーツバック
ミニクーパーSは3ナンバーにBMW ミニ クーパーS(3ドア/F56)
クラウン ハイブリッド アスリートS クラウンハイブリッド アスリートS
メルセデス・ベンツE220ブルーテック AMGスポーツパッケージE220ブルーテックAMGスポーツパッケージ
フォルクスワーゲン ゴルフ7 ゴルフ7 コンフォートライン
メルセデス・ベンツA180スポーツ 横からメルセデス・ベンツAクラス A180スポーツ


DEMIO vs AQUA 低燃費対決!(作成中)

札幌に到着マツダディーゼル 長距離ドライブは快適か? (チャレンジ企画)
実際に北海道の大地をCX-5 XDで1,000km走行し、マツダのディーゼルは長距離走行が快適かを検証しました。評価はこのページの試乗記より辛口です。




ホームリンク撮影についてChallengedrive.netにつ いて運営者情報